キャッシングの賢い使い方

キャッシングは危険なものだと思っていませんか。世間では、その様なイメージが強いですが、実際は、使い方に気を付ければ強い味方になってくれるものです。

キャッシングは、賢く使えば、返済に困る事もありません。そのためにはまず、金利の低い店で借り入れをするのが大前提です。金利が低いと、返済も負担にはなりません。

次に、簡単に申し込みが出来るキャッシング店を選ぶのもコツです。インターネットで申し込みが出来るキャッシング店も多いので、上手く利用すれば誰にもバレずに借り入れが出来ます。携帯電話やスマートフォンにも対応しているため、わざわざパソコンを買わなくても借り入れが可能です。もちろん、電話やファックスも対応しています。

キャッシング店によっては、インターネット上でシミュレーションが出来る所があります。借り入れ金額・返済期間・金利から、実際の返済金額を計算する事が出来ます。これを活用すれば、返済の計画も簡単に考える事が出来るので、無理のない返済が可能です。シミュレーション自体も難しいものではなく、数字を打ち込むだけで出来ます。

キャッシングを賢く使うためには、金利が低くて申し込みが簡単な店を選ぶ事です。シミュレーションを利用すると、もっと返済が簡単に出来ます。

無利息キャッシングの注意点とは

最近のキャッシングでは、「○○日間無利息」というプロミスのような商品も増えてきています。期限内に返済すれば前倒しで目的を達成することが可能です。しかし無利息サービスを利用する際には、もしも期限内に返済できなかった時の利息についても確認しておく必要があります。

何故ならば、無利息サービスの中には、期間を過ぎた場合の利息が他のキャッシングよりも高く設定されていることがあるからです。

無利息サービスは基本的にすぐに給料日があり、その範囲内で返済できるという前提がある時のみ利用するものです。例えば30日間無利息で30万円借入れをして、同月内の給料日に30万円収入があったとして、そのまま30万円を返済に充てることができるでしょうか?

全額返済してしまうと、生活費に回すお金がなくなります。そこで半分返済して、半分を利息つきで返済していこうと思うと、その次の給与を貰うまでもう1ヶ月間持ちこすことになります。その間に金利が高くついてしまうと、1ヶ月間無利息でも意味がなくなってしまいます。

無利息キャッシングを利用する際には、期限内で返済し終えることができる金額にすることです。更には無利息期間だけにこだわらず、普通のキャッシングで金利の安い商品を探すことも考えましょう。

キャッシングでいくらまで借りられるのか

キャッシングをするときにいくらまで借りる事ができるのか?それが借りたい人の一番の疑問になると思います。

お金が必要でいざ借りようと思っても必要な金額を借りられなければどうしようと言う不安もでてきます。そのため、まずは自分がいくらまでなら借りることができるのかと把握をしておくと良いです。

キャッシングには総量規制と言うものがあり、一般的には年収の1/3まで借りることができるようになっています。ですから、年収が300万円ならば、その1/3の100万円まで借りる事が可能なのです。ただし、これはあくまでも可能なのであって、細かい基準は業者によって異なってきます。

100万円まで借りられるからと言って、100万円貸してくれるかと言うとそういうわけでもなく、審査によって50万円だったり、30万円だったりと異なってきます。それでも最高で100万円までは借りる事ができると言うのを把握しておくだけでも、必要なときに申請する目安となる金額が分かっているので計画がたてやすくなります。

また、総量規制には自動車ローンや住宅ローンと言った長期のローンは入らないので、自動車ローンを組んでいても、このケースの場合には100万円までは借りる事ができます。

困ったときには相談をすれば大丈夫

困った時には、誰かその道のプロに相談をしておけばとりあえずは問題ありません。法律関係ならば弁護士に相談をすればよいですし、病気なら医師に相談をすればよいのです。

そしてキャッシングならば、なにかトラブルがあった時には窓口に行けば問題ありません。窓口に行って相談を受けることによって、キャッシングを利用していきましょう。

もちろん、この窓口の利用はキャッシングを利用する前に相談をすることも可能です。むしろこのタイミングで相談をした方が、キャッシングで迷ってしまうこともないでしょう。特に金利の相談であったり、実際にはどのようなペースで返済をすることになるのかなど、これらの確認に使えるのです。

また、この相談は電話でもできますが、できる限り直接訪れての相談をすることをおすすめします。確かに電話でならば非常に簡単ですが、口頭だけでは伝わらないこともあります。それでは時間もかかってしまいますし、しっかりと話の内容を伝えるためにはやはり直接話し合うことが重要なのです。

キャッシングでわからないことがあれば、相談をしておきましょう。わからないままにしておいても良いことはありませんし、自分のために必要なことです。